中国との国境に接する北朝鮮の両江道(リャンガンド)で先月20日頃、事件捜査中だった保衛部(秘密警察)の捜査官が消息を絶ち、現地が騒然としているという。 デイリーNKの現地情報筋によると、消息を絶ったのは平安北道(ピョンアンブクト)の亀城(クソン)市の保衛部に所属する崔氏だ。 崔氏は、亀城市から両江道の三池淵(サムジヨン)へ住宅建設のため派遣されていた金氏が行方不明となったことから、捜索のために派遣された。 金氏が行方不明となった経緯は詳らかでないが、秘密警察の捜査官が派遣され ...

脱北者出身で韓国紙・東亜日報記者のチュ・ソンハ氏が自身のYouTubeチャンネルで、北朝鮮の「109常務」が作成したとされる内部文書の中身を公開している。 109常務は、韓流ドラマなど海外から流入した「不法映像物」を取り締まる特務組織だ。北朝鮮で、こうした組織に付けられる数字は「10月9日」などの日付を意味する。その多くは、金正恩総書記の指示が下された日付だ。また「常務」とは、「タスクフォース」といったような意味である。 109常務の場合は2004年、金正日総書記の指示により ...

いまもって、公式に国内での新型コロナウイルスの感染者が一人もいないとしている国が、全世界に2つある。「豊かな北朝鮮」と揶揄される独裁国家のトルクメニスタンと、本家本元の北朝鮮だ。 両国からはコロナと思しき症状で死亡した事例についての断片的な情報が伝わってくるが、確認は事実上不可能だ。米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)は、北朝鮮のコロナ関連の最新状況を報じた。 平安北道(ピョンアンブクト)文徳の情報筋によると、発熱と咳があって病院に行っても、結核やインフルエンザ、栄養失 ...

米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)の報道によると、朝鮮人民軍(北朝鮮軍)の第9軍団で大隊級幹部の不正が一斉告発され、指揮官たちが厳罰の恐怖に震えているという。 咸鏡北道(ハムギョンブクト)の情報筋はRFAに対して伝えたところでは、第9軍団隷下の大隊級幹部(大隊長、政治指導員、保衛指導員)らの間で露骨になっていた不正行為に憤慨した軍人たちが、総政治局に対して信訴を行った。 信訴とは、民主的な選挙や公平な司法制度の存在しない北朝鮮において、国民や末端の兵士が権力者による不 ...

北朝鮮の各地には、一般国民には秘密にされている「特閣」と呼ばれる施設がある。金正恩総書記やその一家が利用する別荘だ。その警備にあたる人員は、出自や思想などが厳しく問われ、家族との連絡も自由にできないなど、特別な管理下に置かれる。 もちろん、一切の不祥事は許されない。 そこから逃亡者が出たというのだから、ただ事ではない。デイリーNK内部情報筋が詳細を伝えた。 事件の舞台となったのは、北朝鮮の「革命の聖地」である三池淵(サムジヨン)特閣の護衛大隊だ。この特閣は2018年、韓国の文 ...

北朝鮮・平安北道(ピョンアンブクト)塩州(ヨムジュ)に駐屯する朝鮮人民軍第8軍団で、新型コロナウイルスの感染が疑われる患者が続出して、地域一帯が大騒ぎになっている。 北朝鮮は現在に至るまで、国内での新型コロナウイルス感染例は「ゼロ」だとしているが、実際には、数多くの感染者が出ていると見られている。 平安北道のデイリーNK軍内部情報筋によると、ことは9月中旬に遡る。第8軍団の警備中隊2小隊1分隊のチョ下士(伍長に相当)が、発熱の症状を見せて、指揮部の軍医所に搬送された。しかし、 ...

北朝鮮の金正恩総書記は次のように述べている。 「わが国の子どもたちと人民たちをこの世に羨むことなく豊かに暮らせるようにし、彼らの幸せの笑い声、労働党万歳の声を高く響き渡らせることが、わが党の決心であり、意志です」 事あるごとに「人民愛」「子ども愛」を強調し、関連施策を行っている金正恩氏。最近では「幼稚園に食糧を配給せよ」との指示を下している。しかし、現場レベルではその「子ども愛」が「人民愛」と相反する結果を生んでしまっている。咸鏡北道(ハムギョンブクト)のデイリーNK内部情報 ...

常日頃から軍と人民の良好な関係維持を訴えている北朝鮮。だが、それは必ずしもそううまくは行っていないという現実を反映しているのかもしれない。 両者のギクシャクした状況が際立つのが、秋の収穫後だ。食糧を確保しようとする軍と国と、コメ一粒でも多く手元に残そうとする農民との攻防が激しさを増すからだ。中には、犯罪行為に及ぶ者すらいる。両江道(リャンガンド)のデイリーNK内部情報筋が詳細を伝えた。 (参考記事:軍と国家が一斉に農場を襲う、北朝鮮「食糧難」の末期症状) 事件が起きたのは、地 ...

かつては2500万人の北朝鮮国民が等しく受け取っていた国からの配給。だが、その多くを依存していた旧共産圏の崩壊により、1980年代から滞りがちとなり、1990年代の半ばになって、ついには完全に行われなくなった。他に生きる術を持たない人々が、次々に餓死していった。これがいわゆる「苦難の行軍」だ。 そんな時期にも配給を受け続けていた人たちがいる。 代表的なのが、国民を監視し、拷問や公開処刑に象徴される恐怖政治で体制を末端から支えていた保衛部(秘密警察)だ。しかし、コロナ鎖国による ...

北朝鮮では、朝鮮人民軍(北朝鮮軍)と民間人の助け合いの必要性が強調される。その一環として、慰問品の伝達、食事の提供、イベントの開催などが行われてきた。 国営メディアがそれらイベントを美談として取り上げ、両者の団結を強調するのもごく当たり前のも光景だ。しかし、そんな関係に変化が生じつつある。 (参考記事:「軍民大団結は朝鮮革命の伝統」北朝鮮紙が強調) 両江道(リャンガンド)のデイリーNK内部情報筋は、政府が先月22日、国境(地域)の一部軍人と人民の紐帯を悪用し、反逆的な行為を犯 ...

北朝鮮国営の朝鮮中央通信は3日、金徳訓(キム・ドックン)内閣総理(朝鮮労働党政治局常務委員)が、新たに造成されているタワマン団地「平壌市1万世帯住宅」の建設現場を視察したことを報じた。 同通信によれば、金徳訓氏は「住宅の建設が完工段階に入ったことに合わせて単位別、対象別に応じた工程計画を狂いなく実行し、設計と施工の要求を厳格に守って仕上げ工事と園林緑化の質的水準を徹底的に保障して、人民により文化的で幸せな生活を享受させようとする党の構想と意図を立派に実現することを強調した」と ...

北朝鮮には法律も司法制度も存在するが、恣意的な理由で捻じ曲げられることが少なくない。また、法律があっても金正恩総書記の「鶴の一声」の方が優先される。金正恩氏が気に入らない相手は、何の法的手続きすら踏まず、死刑にされてしまうほどだ。表向きは法治主義国家ということになっているが、実際は人治主義の絶対王朝なのだ。 (参考記事:【写真】金正恩の処刑命令を実行する「巨漢兵」たちの正体) 何よりも優先される金正恩氏の命令ではあるが、実際はその場限りで、時間が経つにつれ有耶無耶になることも ...

北朝鮮ではこの時期、協同農場の穀物供出を巡り、農民と軍、政府が毎年のように、三つ巴の争いを繰り広げている。特に今年は、コロナ鎖国による肥料不足、相次ぐ自然災害で例年にもまして作況が悪く、数少ない収穫物の取り合いになっている。 そんな中で、ついに人命が奪われる事態が発生した。詳細を平安南道(ピョンアンナムド)のデイリーNK内部情報筋が伝えた。 (参考記事:軍と国家が一斉に農場を襲う、北朝鮮「食糧難」の末期症状) 事件が起きたのは、北朝鮮が誇る大穀倉地帯「十二三千里平野」にある文 ...

北朝鮮北部にある両江道(リャンガンド)の三池淵(サムジヨン)。三池淵には、民族の霊山である白頭山があり、さらには抗日パルチザン活動を行っていた金日成主席の本拠地で、金正日総書記の生家とされている「白頭山密営」もある。何重もの意味で、北朝鮮の「聖地」なのだ。 金正恩総書記はそんな地域の再開発事業を進め、何度も足を運び、一昨年12月に行われた竣工式にも参加するほど、並々ならぬ関心を見せた。 (参考記事:金正恩氏「三池淵」再開発の竣工式に参加) そして全国的な食糧難が解消しない中、 ...

一家4人が親しくしていた国境警備隊員を睡眠薬で眠らせ、国境の川を超えて脱北する事件。国境警備隊の隊員が勤務地を離脱して行方をくらました事件。女性とその一家、手助けしていた兵士2人を含めた5人が脱北する事件など、北朝鮮では国境警備の強化とは裏腹に、今月に入って脱北事件が続発している。 いずれの事件も国境警備隊と関連しており、国境警備の規律は崩壊寸前だ。 昨年8月には、任務を怠った多数の国境警備隊幹部が公開処刑された事件もあり、北朝鮮当局はかねがね、警備の立て直しに頭を悩ませてき ...

北朝鮮は昨年来、海での漁業を一切禁じている。金正恩総書記が命じたコロナ対策の「超特級非常防疫措置」で、国境のみならず空中、海上からの行き来も一切禁じられているからだ。これは、北朝鮮が海水を通じてコロナが感染すると考えているというよりも、操業の際に密輸が行われ、そこを通じてコロナが流入しかねないと考えているからのようだ。 一昨年までは漁業が盛んに奨励され、その結果として多数の遭難船が日本の沿岸に漂着していたのがまるで嘘のようだ。海の仕事で生きていた漁民たちが、たちまち生活苦に追 ...