【平壌2月25日発朝鮮中央通信】柳原履物工場(平壌市)でコスト節約型、省力型の製品の生産を今年の新製品開発の中心課題にして新たな形態の運動靴をより多く開発するために努めている。 2月にだけでも、同工場では以前より多くのコストと労力を節約しながらも、生産工程が簡単で軽い10余種の新たな運動靴を開発した。 工場では現在、早期にメリヤスの履物をはじめとする新しい形態の運動靴をまたもや開発する熱意を抱いて技術革新に力を入れている。---

【平壌2月25日発朝鮮中央通信】祖宗の山、革命の聖山である白頭山に登る参観者が遠くから一番先に眺めるようになる「白頭山8景」の一つは、嚮導峰の親筆文字である。 嚮導峰は、標高2712メートルで、白頭山の霊峰の中で3番目に高い。 この峰は、金正日総書記の不滅の業績をとわに輝かしていくという人民の一様な念願によって嚮導峰と呼ばれるようになった。 嚮導峰には、「革命の聖山 白頭山 金正日」という総書記の闊達(かったつ)な親筆文字が刻まれて、白頭山の神々(こうごう)しさと荘重さを浮き ...

【平壌2月24日発朝鮮中央通信】朝鮮民族遺産保護基金が、民族の優れた文化財を積極的に保護、管理するための活動を図るためにサイトを開設した。 「民族の魂を守りましょう」という文字が掲示されているサイトには、同基金の紹介、寄付の内容および分野、民族遺産の紹介、史料、寄付者の紹介、ニュースの項目などが設定されている。 サイトでは、朝鮮民族の悠久で燦爛(さんらん)たる文化を輝かした不世出の偉人たちの不滅の業績を紹介している。 同基金の設立とマーク、使命と組織の構造、寄付の原則、委任状 ...

【平壌2月23日発朝鮮中央通信】金日成主席と金正日総書記、最高指導者金正恩党委員長に対する絶対的な忠誠心を抱いてチュチェの革命偉業と総聯(在日本朝鮮人総聯合会)の愛国偉業の遂行に大きく寄与した総聯中央常任委員会の許宗萬議長に、朝鮮民主主義人民共和国労働英雄称号と共に金メダル(ハンマーと鎌)および国旗勲章第1級を授与した。 これに関する朝鮮民主主義人民共和国最高人民会議常任委員会の政令が、14日に発表された。---

【平壌2月22日発朝鮮中央通信】全国各地で自らの技術と国内原料に依拠して建築施工で広く使われている仕上げ建材を国産化するための動きがより活発になっている。 チョンリマタイル工場では、国内原料を利用した耐凍性外壁タイルを開発、生産したし、平壌建材工場ではかつて輸入に頼っていた樹脂親模型を自前で作って衛生陶器の多種化、多様化の実現において進展を遂げた。 江原道科学技術委員会で開発した熱線反射ガラスは、建物の建築美学的効果をいっそう浮き彫りにし、熱遮断と保温の機能を有している。 平 ...

【平壌2月22日発朝鮮中央通信】順川燐酸肥料工場(平安南道)の建設が速く進められている。 建設場全体で21日まで総建築工事の実績が90%界線を突破した。 1月に建設場に増派された人民軍軍人たちによって2月末まで内外部仕上げ工事を高い質的水準で終えることのできる保証がもたらされた。 建設指揮部では、関連単位との連携の下、基本生産工程の設備組み立てを終えるための手配を綿密に行っている。 各施工単位では、毎日、設備組み立て課題を狂いなく遂行している。---