【平壌3月13日発朝鮮中央通信】各地でウイルス伝染病予防のための物質的対策を講じている。 平安北道では、国境地域に対する抜け目のない封鎖、遮断、監視、通報のシステムを維持、強化する一方、毎日多くの消毒水を生産して消毒活動を徹底的に行っている。 各道級機関では、最近だけでも数十万点の衛生防疫および治療用医薬品と医療用消耗品を住民に生産、供給した。 慈江道内の各級単位の活動家が、水質検査用設備、運輸機材を備えて衛生防疫活動の物質的・技術的土台をいっそう強化することに寄与した。 平 ...

【平壌3月13日発朝鮮中央通信】平壌市万景台区域にある竜岳山石けん工場は、操業してから数年しかならないが、国内の軽工業拠点の中で屈指の工場として有名である。 それは、人民が同工場で生産する「竜岳山」レッテルの水石けんと洗浄剤、粉石けんをえり好みするからである。 生産工程がオートメ化、無人化され、統合生産システムが構築された工場には、多様な用途の機能性水石けんと良質の洗浄剤、粉石けんを量産できる物質的・技術的土台が築かれている。 工場には、人民の生活向上のために気を配り、献身し ...

北朝鮮の対韓国宣伝サイトである「ウリミンジョクキリ(わが民族同士)」は10日、新型コロナウイルスを巡り、国家が「莫大な経済的損失を甘受」することになると言及した。新型コロナウイルスの感染拡大が各国の経済に大きなダメージを与えているのは周知の事実だが、北朝鮮メディアが経済的損失を認めるのは異例だ。 同サイトは防疫対策での金正恩党委員長の指導力を称える記事の中で、次のように述べている。 「わが党が伝染病の流入と伝播を科学的かつ先制的、封鎖的に防ぐための対策的な問題を強調して実践に ...

【平壌3月12日発朝鮮中央通信】春季に入ったこの頃、朝鮮の西海地区の複数の製塩所で地下超塩水を利用する塩の生産が増えている。 「ウンドク(恩恵)塩」と呼ばれるこの塩には、国の製塩工業発展のために費やした不世出の偉人たちの労苦がこもっている。 チュチェ99(2010)年4月、金日成総合大学教育科学展示館を訪れた金正日総書記は、地下超塩水資源開発のための創案図版を見て、自身の構想を実現するとてもよいアイディアだとたいへん満足した。 その後、西海岸一帯をはじめ各所で地下超塩水の埋蔵 ...

【平壌3月12日発朝鮮中央通信】朝鮮東海の名勝に位置している元山葛麻海岸観光地区(江原道)の建設場で園林緑化が先行されている。 現場指揮部では、園林緑化を海岸観光地区の特性に合わせて行うための手配を綿密にしている。 すでに、国樹である松をはじめ数十万株の木を植え、数十万平方メートルの緑地面積を造成した建設者は現在、周辺の景色にマッチするように観賞的価値の大きい花低木、草花をもっと植えている。 都市経営省、遊園地総局をはじめとする複数の単位が、ケヤキなど良種の数千株の木と花低木 ...

【平壌3月11日発朝鮮中央通信】朝鮮で、有用動物保護区を増やしている。 現在、各道で複数の保護区をつくる活動が活発に行われている。 黄海北道では、燕灘郡と銀波郡に有用動物保護区を設けてリギダマツ、モミジ、クマイチゴなどの6万余株の木を植えたし、道路と動物舎の建設も推し進めた。 南浦市では、港口区域に数十ヘクタールの広い敷地を保護区に設定し、環状線道路の建設、数万株の樹種の良い木を植えるための活動、金網垣の設置などを本格的に進捗させている。 平安北道では、新義州市と鉄山郡の有利 ...