【平壌3月20日発朝鮮中央通信】朝鮮では、仙台枠組み文書をはじめ国際的合意に合致するように2019年―2030年国家災害危険減少戦略を完成し、その実現のための活動を推し進めている。 国家非常災害委員会のキム・ヨンチョル局長が、上記のように明らかにした。 キム局長によると、国家の統一的な指揮の下で現存したり、潜在する災害の危険をあらかじめ防ぐとともに、災害対応力、回復力を高めて持続的な社会経済の発展を保証し、人々の生命・財産と経済的・社会的・文化的および環境的富の被害を最大限減 ...

【平壌3月20日発朝鮮中央通信】朝鮮美術博物館の財宝所有量がより増えた。 同博物館は、国の美術財宝所蔵拠点であるだけでなく、普及・宣伝の重要拠点、文化情緒教育拠点の一つである。 記者が取材したことによると、チュチェ101(2012)年から現在まで国家的な審議手順によって選定された260余点の新美術作品が国家所蔵品として保存、管理されている。 これらの所蔵品は、主に規模の大きい美術展覧会と祭典で評価された作品である。 金日成主席と金正日総書記の姿を丁重に描いた朝鮮画「解放された ...

【平壌3月19日発朝鮮中央通信】葛麻食品工場(江原道)の魚加工品は、朝鮮人民の誰もがえり好みする製品である。全ての加工品の固有な味と色をよく生かす同工場では近年、紅穀菌色素による染めとカラシによる防腐効果向上方法などを新しく研究、導入して加工品の質をさらに高めている。 東海地区の近代的なこの魚加工拠点にも、最高指導者金正恩党委員長の崇高な人民愛が宿っている。 工場の建設を発起して敷地も定め、提起される全ての問題を解決してやった金正恩委員長はチュチェ103(2014)年6月、完 ...

【平壌3月18日発朝鮮中央通信】新型コロナウイルスが海水の塩気の中で蛋白質膜が壊れて存在できないが、ウイルスに感染した物品が海流に乗って漂流しながら伝染病を伝播しかねない。 朝鮮では、海を通じた新型コロナウイルスの流入を防ぐために沿岸地域の各級非常防疫指揮部、当該の機関が海への出入秩序をより徹底的に立てて統制を強めている。 海に漂流する物品を承認なしに拾い上げたり、触ったりしないように解説活動を行う一方、海岸に流れてきた物品を発見する即時、衛生防疫規定に従って焼却処理するため ...

【平壌3月17日発朝鮮中央通信】最近、朝鮮で道路の安全性と文化性を一層高めるのに必要な科学技術を積極的に開発している。 研究者らは、衝撃荷重を作用させて変位を感知する方法で道路の路盤支持力を測定する携帯支持力測定器をつくって路盤の施工と検査をより科学化できるようにした。 道路交通標識も新たに規格化して高速道路と観光道路、一般道路に設置して運輸手段の運行と歩行者に便宜を図っている。 速度制限区間の道路面に設置する速度制限しきいと、道路の補修を安全に行えるように道路遮断区間の両端 ...

【平壌3月17日発朝鮮中央通信】朝鮮では、天然物質を原料とする機能性栄養食品を積極的に開発して人々の健康増進と食生活の向上に寄与している。 平壌幼児食品工場、平壌大興貿易会社、鴨緑江総合食品工場をはじめ多くの単位では、世界的な競争力を持つ朝鮮式の機能性栄養食品を量産している。 最近も、グムヘ貿易会社ではドジョウとチョウセンマツの実、ヒトデ、ナマコ、アンズの種などを加工して、栄養学的価値が高くて保管の安全性がよいいろいろな機能性栄養食品を開発した。 これらの製品は、人々の間で需 ...