【平壌3月16日発朝鮮中央通信】朝鮮の有名な果物産地である咸鏡南道北青郡に、3000余ヘクタールの果樹園が新たに造成された。 同郡では、朝鮮労働党創立75周年にあたる今年を目標に近年、毎年数百ヘクタールの果樹園を造成してきた。 耕地整理を行った果樹園に優良品種の果樹を植えてコンクリート支え棒を立てたし、灌水システムも確立した。 毎年数万トンの有機質肥料を運び出して果樹園の地力を高めた。 去る数年間、新たに造成した100ヘクタールの苗木栽培地と各果樹農場に築かれた苗木栽培拠点で ...

【平壌3月13日発朝鮮中央通信】各地でウイルス伝染病予防のための物質的対策を講じている。 平安北道では、国境地域に対する抜け目のない封鎖、遮断、監視、通報のシステムを維持、強化する一方、毎日多くの消毒水を生産して消毒活動を徹底的に行っている。 各道級機関では、最近だけでも数十万点の衛生防疫および治療用医薬品と医療用消耗品を住民に生産、供給した。 慈江道内の各級単位の活動家が、水質検査用設備、運輸機材を備えて衛生防疫活動の物質的・技術的土台をいっそう強化することに寄与した。 平 ...

【平壌3月13日発朝鮮中央通信】平壌市万景台区域にある竜岳山石けん工場は、操業してから数年しかならないが、国内の軽工業拠点の中で屈指の工場として有名である。 それは、人民が同工場で生産する「竜岳山」レッテルの水石けんと洗浄剤、粉石けんをえり好みするからである。 生産工程がオートメ化、無人化され、統合生産システムが構築された工場には、多様な用途の機能性水石けんと良質の洗浄剤、粉石けんを量産できる物質的・技術的土台が築かれている。 工場には、人民の生活向上のために気を配り、献身し ...

【平壌3月12日発朝鮮中央通信】朝鮮東海の名勝に位置している元山葛麻海岸観光地区(江原道)の建設場で園林緑化が先行されている。 現場指揮部では、園林緑化を海岸観光地区の特性に合わせて行うための手配を綿密にしている。 すでに、国樹である松をはじめ数十万株の木を植え、数十万平方メートルの緑地面積を造成した建設者は現在、周辺の景色にマッチするように観賞的価値の大きい花低木、草花をもっと植えている。 都市経営省、遊園地総局をはじめとする複数の単位が、ケヤキなど良種の数千株の木と花低木 ...

【平壌2月26日発朝鮮中央通信】朝鮮で、新型コロナウイルス感染症の予防活動が強力に展開されている中、他国から入ってくる物資に対する検査・検疫を厳格に行っている。 国家品質監督委員会の監督メンバーが少しでも緊張を緩めれば大きな結果を招きかねないということをはっきり認識し、責任感と役割を強めるようにしている。 新型コロナウイルスの感染ルートが複雑で、ウイルスが金属に付いても一週間生存するという内容をはじめ、新たに明らかにされた資料を適時に知らせ、みんなが緊張して検査・検疫活動を行 ...

【平壌2月26日発朝鮮中央通信】朝鮮で、実用的価値が大きい海洋科学技術研究成果が収められている。 近年、多くの成果が収められている分野は、900メートル以上の深さにある海洋深層水を複数の部門に利用するための研究である。 朝鮮東海の深層水は汚染が全くなく、栄養物質が豊富で、温度が低いので産業的価値が高いものに評価された。 海洋深層水を船舶や海岸で汲み上げるための理論的研究が行われ、実践段階に入った。 海洋深層水の1次、2次加工技術も確立されて、畜産物と医薬品、化粧品の生産に深層 ...