新年を迎えた児童・生徒の民俗遊戯

【平壌1月1日発朝鮮中央通信】新年を迎えた児童・生徒が、平壌の各所で民俗遊戯を行った。

平壌体育館広場、凱旋門広場をはじめとする市内の広場、公園に集まってきた児童・生徒は、たこ上げ、銭蹴り、なわ跳び、こま回しなど、多彩な民俗遊戯を行った。

たこ上げが、人々の視線を引いた。

児童・生徒は自分らが作ったたこをより高く、より遠く飛ばすために巧みにひもを操った。

青空を飛ぶたこには、「新年」「2020」などの文字が記されていた。

互いの才を競ってこま回しと銭蹴りをする男子生徒と、歌に合わせて軽くなわ飛びをする女子生徒の喜びに溢れた姿から、より幸福な未来を楽観することができた。---


NKRへようこそ

広告の表示をお願いいたします。

NKNをご覧いただきありがとうございます。


皆様に広告を表示していただくことで、

無料でニュースを提供しています。


アドブロック機能を解除いただき、

以下のリフレッシュボタンから

表示のご協力をお願いいたします。

 

リフレッシュ