「男たちは私を拷問し、ペンチで無理やり歯を抜いた」脱北女性が証言

その後、パク氏は手当たり次第に商売を行った。わずかな利ザヤのために重い穀物を運ぶ仕事から、個人経営の金鉱山まで手を出したことのない仕事が思い浮かばないくらいだ。外で働いては18号収容所に戻り、収容所幹部にはワイロを、母には生活費を渡す生活が続いた。

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

だが次第に景気が悪くなり。生活を維持することが難しくなってきた。そんな時、国境沿いの両江道(リャンガンド)恵山(ヘサン)市で脱北ブローカーと偶然出会った。パクさんのみすぼらしい姿を見たブローカーはすぐに脱北を勧めた。

(参考記事:中国で「アダルトビデオチャット」を強いられる脱北女性たち

パクさんは18号収容所に戻り、母に「脱北」の意思を伝えた。母は涙ぐみながら「行きなさい」と背中を押してくれたという。そしてパクさんは青春時代を過ごした18号収容所を後にする。2009年9月のことだった。(続く)