「男たちは私を拷問し、ペンチで無理やり歯を抜いた」脱北女性が証言

そこに母が現れ、パクさんが清津から持ち帰ってきた贈り物をすべて保衛部員にワイロとして差し出した。それでようやく、無報酬労働1年で済まされたのだった。

(参考記事:口に砂利を詰め顔面を串刺し…金正恩「拷問部隊」の恐喝ビジネス

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

収容所が世界のすべてだったパクさんにとって、「外の世界」はまさに新天地だった。モノがあふれ、商売もでき、自由があるように思えたのだった。実際には自由が厳しく制限されているのだが、収容所がいかに劣悪な環境であるかの反証と言えるだろう。

もともと好奇心の強かったパクさんは、無報酬労働期間中に、収容所職員と交渉を始めた。「商売をしてお金を稼がせてあげるから、外出させてください」。パク氏の親戚が裕福であることを知る収容所の幹部は納得し、パク氏はふたたび外の世界に出られるようになった。