「男たちは私を拷問し、ペンチで無理やり歯を抜いた」脱北女性が証言

それを知るパクさんは、誰にも行く先を告げずに旅立ったのだが、こうなってはどうしようもない。保衛部員たちはいきり立ってパクさんに激しい拷問を加えた。

固いコンクリートの床の上に正座させ、その上に屈強な男性が立つのは序の口で、その態勢のまま、パクさんを殴打した。思わず倒れるとさらに足蹴にするばかりか「この野郎」と言ってペンチで歯を抜きにかかってきた。

「歯が抜ける前に折れた」(パクさん)とはいえ、このままでは姉と同じ無報酬教化所に送られ、死ぬまで働かされることは目に見えている。


NKRへようこそ

広告の表示をお願いいたします。

NKNをご覧いただきありがとうございます。


皆様に広告を表示していただくことで、

無料でニュースを提供しています。


アドブロック機能を解除いただき、

以下のリフレッシュボタンから

表示のご協力をお願いいたします。

 

リフレッシュ