韓国のNGO、北朝鮮人権情報センター(NKDB)は9月に発表した「2020北朝鮮人権白書」で、北朝鮮のいくつかの分野では過去と比較して、人権状況に改善が見られると指摘した。 白書は「2000年代以降、北朝鮮の住民の生存権、教育権、健康権が改善されている」としながら、「これは経済・社会・文化的権利に関する規約(国際人権A規約)の分野でかなりの改善が進んでいることを示している」と評価している。 筆者も、金正恩氏に国民の人権状況を改善する意思があるのだと信じたい。しかし実際のところ ...

国連安全保障理事会は11日、北朝鮮の人権状況について非公開会合で討議。参加国に日本を加えた8カ国で声明を発表し、新型コロナウイルスと関連して北朝鮮で処刑が増加していることに憂慮を表明した。(参考記事:【写真】機関銃でズタズタに…金正日氏に「口封じ」で殺された美人女優の悲劇) この声明を受け、金正恩党委員長が怒り心頭に発したであろうことは想像に難くない。何しろ金正恩氏は10月10日の朝鮮労働党創建75周年を記念して行われた閲兵式(軍事パレード)での演説で、涙さえ見せながら、自国 ...

米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)が報じたところによると、今年7月、北朝鮮の首都・平壌で名門大学の女子大生200人が動員された大規模な組織売春が摘発された。 大浴場やプールを備えた総合レジャー施設「紋繍院(ムンスウォン)」の責任者が、有名映画俳優、平壌音楽舞踊大学、平壌演劇映画大学の教授らと結託し、在学中の女子学生に「1ヶ月に500ドル(約5万3000円)以上儲かる仕事がある」などと声をかけ、施設内のカラオケ店で売春をさせていたのだ。客は、中央や平壌市党(朝鮮労働党平 ...

北朝鮮は宗教、中でもキリスト教を忌み嫌い、信者のみならず、キリスト教関係者に接触したり、聖書を持っていたりしただけで処刑を含めた極刑を下している。聖書は、同国ではまさに「禁断の書」なのだ。 今年3月には咸鏡南道(ハムギョンナムド)の新浦(シンポ)で、聖書を持っていただけの女性が処刑される事件が起きた。 現地のデイリーNK内部情報筋が伝えたところによると、女性のシンさんは、両江道(リャンガンド)恵山(ヘサン)などを行き来して商売をしていた今年1月、聖書に接した。北朝鮮では一種の ...

北朝鮮では現在、来年1月開催の朝鮮労働党第8回大会に向けて、成果拡大キャンペーン「80日戦闘」が行われている。輝かしい成果で大会を飾ろうというものだが、人々の関心は別の方向を向いている。来年の運勢だ。 米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)は、年末を迎えた北朝鮮で、来年こそは良い暮らしがしたいという人々が、神々に祈ったり、占い師に頼ったりする現象を伝えている。 咸鏡北道(ハムギョンブクト)の情報筋は、コロナと台風で追い詰められた人々による「迷信行為」が増えていると伝えた。 ...

国連安全保障理事会は今月11日、北朝鮮の人権状況について非公開会合で討議。参加国に日本を加えた8カ国で、北朝鮮の自国民に対する人権侵害を非難する声明を発表した。 安保理では米国の主導により、2014年から毎年12月に北朝鮮の人権問題が話し合われてきたが、2018年には賛成国が足りず会合を開けなかった。昨年も会合は開かれず、今年も中国とロシアが反対。米国などは公開会合を断念し、ベルギー、ドミニカ、エストニア、フランス、ドイツ、英国が参加して非公開会合が行われた。 共同通信によれ ...