中国と接する北朝鮮の都市、咸鏡北道(ハムギョンブクト)の会寧(フェリョン)が恐怖に包まれている。先月に入ってから、忽然と姿を消す人が増え、市内ではデマか真実かわからない噂が飛び交っている。 現地のデイリーNK内部情報筋によると、市内のある住民が今月中旬のある日、忽然と姿を消した。何らかの病気を患っていたのだが、本人のみならず、家族もろともいなくなってしまい、今に至るまで帰ってきていない。 他にも2家族が、同じように突如として行方をくらました。姿を消した3家族が、新型コロナウイ ...

今月22日午後。北朝鮮と中国を結ぶ鴨緑江大橋(中朝友誼橋)を渡る1台のバスが目撃された。車体には朝鮮語で「妙香山(ミョヒャンサン)観光」の文字。 税関や橋周辺は通行止めとなり、橋から100メートルほど離れた税関の建物の中には、防疫当局の関係者が大勢待機するなど、周囲は物々しい雰囲気に包まれた。 北朝鮮当局は今年1月から、新型コロナウイルス対策として国境を封鎖した。ごく一部の物資搬入用のトラックを除いては車両や列車の通行はなかったが、一体どういうことなのだろうか。 中国のデイリ ...

米国の人権NGOである北朝鮮人権委員会(HRNK)は21日、北朝鮮の第11号教化所(刑務所)における人権侵害の実態に関する報告書を発表した。 米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)が報じた内容によれば、平安南道(ピョンアンナムド)の甑山(チュンサン)郡に位置する同教化所は、それぞれ分離された14の拘禁施設により構成され、敷地内にはブタや家禽類を飼育する畜舎もある。脱北者の証言によると、ここで生産された食肉は、主として首都・平壌の特権階級に供給されるという。 また、同教化所 ...

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、韓国政府は今月1日から、サウナの営業を禁止した。これは、銭湯の営業は認められ浴槽、シャワーは利用できるが、サウナ室は利用禁止というものだ。 自宅に給湯施設のない貧困層に配慮したというのが韓国政府の説明だが、サウナに入って肌をふやかしてからアカスリをするというのが韓国式の銭湯スタイルだ。韓国メディアは、「サウナが使えないのに客が来るわけがない」という銭湯経営者の嘆きの声を伝えている。 このように蒸し風呂やサウナに入る習慣があるのは、北朝鮮も同 ...

北朝鮮で「牛」は生産手段扱いとなり、国家財産だ。個人の牛の所有、屠畜、販売を禁じられ、違反者は単なる経済犯ではなく政治犯扱いとなる。 1990年代の大飢饉「苦難の行軍」のころには、牛を食べて処刑された人がいたが、その後は懲役刑で済まされるようになっていた。 また「禁断の味」を楽しむために牛肉が裏取引されたり、ワイロとして使われたりもしていたが、近年は以前ほど取り締まりが厳しくなくなっていた。しかしここへきて、食糧難に耐えられず牛を盗んで食べた男性が摘発され、処刑される出来事が ...

北朝鮮医学界の最高峰、平壌医科大学を震撼させた集団性暴力事件。エリート学生の性奴隷にされ、自ら命を絶った被害女子学生の母親は、不正行為の通報制度である信訴を使い、捜査と加害者に対する処罰を求め続けた。 しかし、その切実な訴えは無視され続けた。長い闘いの末、訴えがようやく取り上げられ、加害者は処刑、信訴を握りつぶしていた責任者やその家族ら60人が首都・平壌から追放される処分を受けた。まさに死屍累々の展開である。 (参考記事:北朝鮮女性を苦しめる「マダラス」と呼ばれる性上納行為) ...