「私たちは性的なおもちゃ」被害女性たちの血のにじむ証言…報告書「理由もなく涙が出る」を読む

「彼(取締官)は私に『中国の男と暮らしていたのか、中国の男と寝てどうだったのか』などと性的な質問を繰り返しました。自分の聞きたい通りにこちらが言わなければ、鉄棒で殴り、胸と顔を押さえつけました。何かを聞くために私の顔と腕を触り、陰部をまさぐりました。不快で嫌でしたが、他のことは考えませんでした」

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

彼女は弁護士からも同じような目に遭っていたと証言した。

「弁護士は私から調査を行いつつ、万年筆でメモを取っていました。時々手を止めて、万年筆や手で私の体のあちこちを突きました。腕と胸と…抱きついてきたこともありました…不愉快で当惑しましたが何も(抵抗)できませんでした」

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

ちなみに北朝鮮の弁護士は形ばかりのもので、被告の利益を保護するのではなく、検察や裁判官と共に被告を非難することすらある。