法相就任「悩んでみる」…妻起訴の文在寅側近、緊迫の一問一答

韓国のソウル中央地検は6日深夜、次期法務部長官(法相)候補に指名されたチョ・グク青瓦台(大統領府)前民情首席秘書官の妻を私文書偽造の罪で起訴した。慶尚北道(キョンサンブクト)にある東洋大学で教授を務める妻は、娘が2014年に釜山大学大学院に進学する際、東洋大学の「総長賞の表彰を受けた」と記入した履歴書を提出したとされる。しかし、同大総長は検察の調べに対し、「表彰状を与えたことはない」と証言している。

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

検察は、妻に対する取り調べもなく電撃的に起訴した。嘘の履歴書が作成された時期が2012年9月7日と特定されており、私文書偽造罪は時効が7年となっているためだ。

世論の反発にも関わらず、文在寅大統領はチョ氏の任命を強行すると見られていたが、起訴を受けていっそう困難になったと言える。何よりも、これまで強気で押し通してきた本人に「弱気」が見え始めた。

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

6日に開かれた国会の聴聞会でチョ氏は、妻とともに総長に電話をしたことも認めている。・その点を追及した自由韓国党のチャン・ジェウォン議員とのやり取りでは「(法相就任)を悩んでみる」と漏らしたのだ。緊迫のやり取りを、以下に再現する。