金正恩氏「声明」でトランプ氏への怨念をさく裂

とりわけ、2015年8月に朝鮮半島の南北が対峙する軍事境界線で北朝鮮の地雷が爆発した事件以後、北朝鮮はことあるごとに朴氏を非難した。当時、南北は一触即発の緊張状態に突入。韓国政府は地雷が爆発する衝撃的な動画を公開しながら強硬姿勢を貫いた。韓国世論も朴政権を後押しし、北朝鮮を謝罪に追い込んだ。

(参考記事:【動画】吹き飛ぶ韓国軍兵士…北朝鮮の地雷が爆発する瞬間

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

さらに、米韓軍は北朝鮮の首脳部、すなわち金正恩氏に対する先制攻撃を意味する「斬首作戦」を導入し、金正恩氏は大きなプレッシャーを受けることになる。公開活動は激減し、移動の際にはトイレにも細心の注意を払うなど、多大なストレスを抱えることになる。

(参考記事:金正恩氏が一般人と同じトイレを使えない訳

こうした中、金正恩氏は朴氏に相当な恨みを抱いたであろう。