苦節20年、ようやく幕が下りた「ある脱北者の流浪物語」

市民支援委員会によると、極東やシベリアにいる脱北者は最大で数百人に達する。2004年から2014年までの間にロシア政府に亡命申請をした北朝鮮人は211人だが、亡命を認められたのは2人に過ぎない。一方、期限1年の一時亡命地位を申請した場合の対応は異なる。こちらでは申請した170人のうち、90人が認められている。

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

これは、ロシアは脱北者を追い返すことにより、国際社会から「人権侵害」と批判されることを避けたいが、国内に定住させたくないため、一時的に亡命を認め、第三国に移住させるようとしているからだと言われている。

拷問と死

一方、ロシアと北朝鮮は昨年2月、不法滞在者を強制送還する協定を結んだ。