苦節20年、ようやく幕が下りた「ある脱北者の流浪物語」

彼は、政治亡命を申請すると説明を試みたが、その場で逮捕され、拘置所に入れられた。4ヶ月間の勾留の末、裁判で不法越境罪で165ドル(約1万8700円)の罰金刑を言い渡された。幸い、罰金は免除となった。

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

裁判所の外で彼を待っていた、ロシアの人権団体「市民支援委員会」の弁護士リューボフ・タラレツ氏は、法廷の外に多くの北朝鮮人がいることに気づいた。

「もしかしたら北朝鮮の当局者が彼を連れ戻しに来たのかもしれない」

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

そう思ったタラレツ氏は機転を利かせ、裁判官に「書類への署名がまだ終わってないということにして、彼の拘束を解くのを待ってほしい」と要求した。