密室の性暴力の果てに…北朝鮮「コロナ隔離」下の秘密

昨年1月から国境の封鎖を続けている北朝鮮。自国民、外国人を問わず入国が認められないのはもちろんのこと、脱北後に中国で捕まり強制送還の対象となった人ですら、北朝鮮は入国を拒んでいる。

(参考記事:「20代の妊婦」新型コロナで命拾い…北朝鮮送りを免れる

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

行き来ができないのは、中国に派遣された北朝鮮労働者とて同じだ。国連安全保障理事会で採択された対北朝鮮制裁決議で、北朝鮮国民の新規雇用は禁じられているが、北朝鮮当局は技能実習生、インターンなどの資格で「労働者ではない」ということにして、派遣を続けている。中国当局の黙認あってこそ可能な制裁破りだ。

(参考記事:「脱コロナ消費」を下支えする北朝鮮労働者のブラック労働

女性労働者たちは昨年来、ほぼ隔離された状態で、職場と寄宿舎を行き来するだけの生活を続けている。それなのにある女性が妊娠した事実が明らかになり、大騒ぎになった。一体どういうことなのだろうか。中国のデイリーNK情報筋が詳細を語った。

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

妊娠したのは、北朝鮮に接する遼寧省丹東のアパレル企業で働いている北朝鮮女性のAさん。

20代のAさんは、自らが妊娠したことに気づいていなかったが、お腹が膨らんできたのに気付いた同僚が、幹部に報告した。報告は北朝鮮領事館にまで上げられ、調査が始まった。

Aさんが務めるアパレル企業は、工場の建物の中に寄宿舎があり、外部の人と接触するのは難しい。また企業関係者も、コロナ対策として急用がない限りは工場に入って北朝鮮女性労働者と接触できないことになっていた。

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

そのことから、Aさんが北朝鮮の男性幹部に性暴力を受けたのではないかという憶測が流れたが、調査が進み、ついに真相が明らかになった。

Aさんを気に入った勤め先の中国人社長Bが、労働者を管理する北朝鮮の幹部Cに「会わせてほしい」と頼み込み、2000元(約3万2000円)を掴ませた。Aさんを工場の外に連れ出すことに成功したB社長。性的関係を持ち、Aさんは1回あたり1000元(約1万6000円)を受け取っていた。ただ、Aさんの同意があったのか、B社長やC幹部によって無理強いされたのかは詳らかでない。

Aさんは取り調べの後、通常業務に復帰しているが、コロナ後には帰国させられ処罰を受けるものと思われる。出産についてはどうなるかわからない。

(参考記事:若い女性を「ニオイ拷問」で死なせる北朝鮮刑務所の実態

人身売買の被害に遭い北朝鮮に強制送還された後、保衛部(秘密警察)で「混血の子どもの出産は認めない」との理由で強制堕胎手術を受けさせられる事例が報告されているからだ。

今までも、北朝鮮レストランの従業員が、外貨稼ぎのノルマを達成するために、売春を行う事例はあったが、当局に報告された事例はほとんどなかったという。

(参考記事:中国の北朝鮮レストランで「強制売春」説が浮上

北朝鮮当局は、性暴力をほう助した(あるいは売買春を斡旋した)形となったC幹部を即時解任。現在は保衛部(秘密警察)の監視下に置かれ、国境封鎖が解かれ次第、北朝鮮に帰国させられる見込みだ。重刑に処される可能性が高いと見られている。

「コロナで稼ぐのが難しくなった北朝鮮幹部が、楽に儲けられると思い、社長の提案にのってしまった。国境封鎖で滞在期間が長くなり、当局から要求される党資金(上納金)を稼ぐのが難しいため、事故が増えるしかない」(情報筋)