北朝鮮人民を震え上がらせた連続猟奇殺人鬼パク・ミョンシク

 ※この記事には、暴力的、猟奇的な記述が含まれています。

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

1991年10月中旬、北朝鮮の咸鏡南道(ハムギョンナムド)新浦(シンポ)市の裁判所で、ひとりの男に死刑判決が下された。パク・ミョンシク。12人もの命を極めて残忍な手口で奪うという、北朝鮮史上まれに見る連続殺人の犯人だった。

事件の発端は1990年4月。新浦に住んでいたパクは、肝硬変を患っていた。大都市咸興(ハムン)の病院を訪れ名医の治療を受けたものの、病状が好転することはなかった。そんなある日のこと、仲の良い同僚からよく当たるという占い師の話を聞かされた。

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

北朝鮮で占いは、刑法256条の迷信行為罪に当たり、最高刑は労働教化刑(懲役刑)3年と定められている。よほどの仲でなければ、占いの話などできないが、同僚はパクを信用して、占い師を紹介した。

占い師を訪ねたパクは、肝硬変でいつ死ぬかわからない、助かる方法を教えて欲しいと頼み込んだ。一見の客は警戒するものだが、よほど切実に見えたのだろうか、断りきれずに数日後に再び来るように言った。