悪評だらけの北朝鮮テレビで「若手女子アナ」らの涙ぐましい演出

セリフ回しが韓国で製作された時代劇と非常に似通っていて、少し前に韓国で製作されたものと言われても遜色のないものだったからだ。

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

さらに、先日行われた軍事パレードではドローン(無人飛行機)から撮影した映像を使ったり、科学技術を紹介する番組ではVRを使ったりするなど、最近の朝鮮中央テレビには大きな変化が見て取れる。

朝鮮中央テレビは2015年1月10日から地上デジタル放送を開始するなど、全く変化がなかったわけではないが、韓流や海外からの様々なコンテンツに接している北朝鮮の視聴者のお目にかなうレベルに達するには到底及んでいない。それがついに変わり始めたということなのだろうか。

(参考記事:平壌で朝鮮中央テレビが韓国KBSに「視聴率争い」で敗北?!