「弁護士は万年筆で私を暴行した」北朝鮮女性、性的被害の実態告発

告発続く北朝鮮の人権侵害(2)

国連総会が17日の本会議で採択した、北朝鮮の人権侵害に対する非難決議は、同国において拷問や非人道的な待遇、性的暴行、公開処刑などが横行している実態とともに、同国当局がそれらに対して必要な措置を講じていないことに向けられたものでもある。

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

性的暴行は、北朝鮮においてももちろん犯罪だ。北朝鮮政府は2017年7月、国連女性差別撤廃委員会に対する報告で、強姦罪での処罰者数を2008年9人、2011年7人、2015年5人、上下関係を利用しての強姦の処罰者数を2008年5人、2011年6人、2015年3人などと報告した。

(参考記事:ひとりで女性兵士30人を暴行した北朝鮮軍の中隊長

総人口が日本の約5分の1(約2500万人)の社会において、この数字はあまりに少ない。実際、人権NGOなどが聞き取った脱北女性の被害証言だけでも、この数字を軽く超えてしまうはずだ。

(参考記事:北朝鮮女性、性的被害の生々しい証言「ひと月に5~6回も襲われた」

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

このように摘発事例が少ないのは、性暴力を取り締まる側の保安員、保衛員などが加害者になっているために他ならない。