「産婦人科で密造」の噂まで…薬物乱用が止まらぬ北朝鮮

北朝鮮から逃れて日本に在住するある脱北者から、こんな話を聞いたことがある。

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

「覚せい剤中毒が蔓延する実情を見て、この国(北朝鮮)はもう終わりだと思った。それが脱北を決意した理由のひとつだった」

金正恩党委員長の父・金正日総書記は1992年から、麻薬などの薬物で外貨を稼ぐためにコードネーム「白桔梗(ペクトラジ)事業」を開始した。国家機関の主導で製造された麻薬や覚せい剤は、中国や日本に密輸されたが、各国当局の厳しい取り締まりにより徐々に減少した。

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

しかし、これが北朝鮮国内で薬物が蔓延するきっかけとなる。薬物の「在庫」もあれば、製造技術も原材料もある。しかし売り先はなく、自ずと国内に流通しはじめた。「大人だけでなく青少年の間でも覚せい剤は広く蔓延している」と冒頭の脱北者は語る。

(参考記事:コンドーム着用はゼロ…「売春」と「薬物」で破滅する北朝鮮の女性たち )

金正恩氏は最高指導者になって以降、薬物の乱用を厳しく取り締まる姿勢を見せている。