中国当局が旅行会社社長を逮捕か…北朝鮮観光の最大手、制裁の一環?

同社は昨年7月、ビザやパスポートなしで参加できる北朝鮮半日ツアーを始めたことで知られる。また、丹東と鴨緑江を挟んで向かい合う北朝鮮の新義州(シニジュ)の観光施設に200億ウォン(約19億6000万円)もの投資をしている。

(関連記事:北朝鮮「半日ツアー」が盛況も先行きは不透明

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

なお、今回の逮捕について、中国当局は何ら発表を行っていない。また、中国の毎日経済新聞によると、大多数の中国メディアはこの報道について確認が取れないとして報じていない。

 

(参考記事:中国旅行会社、北朝鮮ツアーを続々と中止