「もうダメだ。打つ手がない」異常な猛暑に北朝鮮国内から絶望の声

またこの間、なし崩し的な市場経済化が進行する中で貧富の格差が拡大。外貨をため込んだ富裕層ならば、食糧不足にもかなりの程度まで対応できるだろうが、生計のため女性が売春に走らざるを得ないような貧困層は、たちまち大きなダメージを受けかねない。

(参考記事:コンドーム着用はゼロ…「売春」と「薬物」で破滅する北朝鮮の女性たち )

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

それでも、金正恩党委員長がすでに非核化の方針を打ち出していることは、不幸中の幸いと言える。最近の対話の流れもあり、仮に北朝鮮が大幅な食糧不足に陥っても、韓国がそれを黙って見過ごすことはないだろう。米国も、人道支援には反対しないはずだ。

もちろん、非核化に対する金正恩氏の真意は不明な部分もあるが、食糧不足が現実のものとなれば、北朝鮮国民の生命の安全こそ最優先すべきであるということは言うまでもなかろう。