「もうダメだ。打つ手がない」異常な猛暑に北朝鮮国内から絶望の声

農民は、協同農場からの作物の分配ではなく、個人耕作地で取れる作物に頼って暮らしているが、このままではそちらもダメになってしまいかねないと、情報筋は嘆いている。

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

数十万人が餓死したとされる1990年代後半の大飢饉「苦難の行軍」以降、北朝鮮の食糧事情は大きく改善してきた。

(参考記事:「街は生気を失い、人々はゾンビのように徘徊した」…北朝鮮「大量餓死」の記憶

市場の食糧価格も、比較的安定している。しかしそれも、国内に食糧があればこそだ。都市の市場に出回る作物は、個人耕作地で栽培されたものが多いことから、凶作で品薄になれば価格が高騰してしまう。