不安で電車にも乗れない…金正恩氏がおびえる「国内の敵」

同紙によれば、北朝鮮で36年ぶりに朝鮮労働党大会が開催された2016年5月、秘密警察・国家安全保衛部(現・国家保衛省)の地方組織が実施した一部住民に対する講演で、正恩氏の専用列車の爆破計画が党大会前にあり、未遂に終わったと報告していた。

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

これだけではない。2015年10月初め、北朝鮮の葛麻(カルマ)飛行場で、金正恩氏の視察前日に大量の爆薬が見つかったと米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)が報じている。

建物の天井裏から発見されたのは、TNT火薬20キロ。手榴弾なら130個分以上になり、「暗殺計画」の存在を疑いたくなる量だ。

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

外からは盤石に見える金正恩体制だが、われわれの知らぬ不安要素が存在するのだろうか。