「金正恩を倒せ!」落書き事件続発に北朝鮮が大慌て

また、重要な会議や行事、政治集会、芸術公演が開催される場所でもある。2007年の南北首脳会談に際しては、平壌を訪れた韓国の盧武鉉大統領(当時)を歓迎する式典がここで行われた。36年ぶりとなった2016年5月の第7回朝鮮労働党大会もここで行われた。

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

そんな建物の壁に反体制的な落書きをするということは、現体制への宣戦布告ともいうべき行為といえよう。

「以前なら落書きは大学や工場でよく見つかるものだったが、今回は国の重要な建物だ。これは金正恩氏を直接批判するものだ。保衛部の建物に手紙を投げ込む事件が起こるなど、住民が不満をより積極的に示すようになっている」(脱北者で北朝鮮の元高官)