制裁に苦しむ北朝鮮で「覚せい剤密輸」が再び始まった

北朝鮮がかつて、国家的に覚せい剤の密輸を行っていたのは周知のとおりである。しかし近年はそこから手を引き、むしろ北朝鮮国内における薬物汚染が話題になることの方が多かった。

(参考記事:コンドーム着用はゼロ…「売春」と「薬物」で破滅する北朝鮮の女性たち )

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

それがここへきて、再び外貨獲得のための覚せい剤密輸が始まった可能性がある。

平安南道(ピョンアンナムド)のデイリーNK情報筋によると、その手口は次のようなものだ。