北朝鮮が差別表現でオバマ氏を罵倒する理由

北朝鮮の憎悪表現、すなわちヘイトスピーチが激化している。

5月2日、北朝鮮の国営メディア「朝鮮中央通信」は、オバマ米大統領に対する人種差別発言を掲載した。

罵詈雑言をお家芸とする北朝鮮とはいえ、国営メディアが発信する内容にしてはあまりにもお粗末で醜悪なものだ。

記事は「一労働者の声」という形をとっているが、全てがオバマ氏に向けての罵詈雑言であり、「誤解を招く表現」や「失言」のレベルではない。

同性愛者も「標的」に

引用するのも憚られるような酷い内容だが、北朝鮮の行いを告発する意味で、一部を要約して抜粋する。


NKRへようこそ

広告の表示をお願いいたします。

NKNをご覧いただきありがとうございます。


皆様に広告を表示していただくことで、

無料でニュースを提供しています。


アドブロック機能を解除いただき、

以下のリフレッシュボタンから

表示のご協力をお願いいたします。

 

リフレッシュ