北朝鮮、ウラン鉱山近辺で深刻な放射能汚染

消息筋はさらに「この鉱山では奇形児や放射狽汚染による障害を持つ労働者をよく見かける。2008年、平安北道寧辺の原子力研究センターに勤務していた党幹部がウラン鉱山の党秘書に転任したが、当時党秘書の息子と娘が放射能汚染により、立ったり歩いたりできずタコのように寝ているしかない奇形児だった」と付け加えた。

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

また「事務職として勤務する党幹部の子弟でさえ放射能汚染を受けている。現場でウラン鉱石を採掘する労働者とその家族の被害は極めて深刻だ。ここの労働者は他の鉱山よりも配給が多いという理由で放射能汚染を覚悟で働いている」と強調した。

2009年の貨幣改革直後、一般企業所の労働者に対して月3,000ウォンの賃金制が実施された。一方で鉱山労働者は7倍の月20,000ウォンを受け取り、郡内の労働者の羨望の対象だったと消息筋は話した。

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真