「586世代の私益追及集団が再生産されている」韓国ベストセラーが告発

8月末に韓国で発売されたベストセラー対談集『一度も経験したことのない国』では、文在寅政権誕生の原動力となった「586政治エリート」の堕落ぶりが辛辣に批判されている。著者の中でもTBS(交通放送)のカン・ヤング記者は、彼らは「私益追及集団」に成り下がったと切って捨てている。また、陳重権(チン・ジュンゴン)元東洋大学教授は「既得権勢力の世代の再生産段階に入った」と指摘。徐珉(ソ・ミン)壇国大学教授も、586政治エリートの不透明なカネの流れに言及した。

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

カン もう少し率直に言いましょう。私は、「586政治エリートは哲学も能力もビジョンもない、私益追及集団」が本質だと思っています。そんな私益追及集団が韓国の政治と社会、未来を深刻に脅かしていると思うんです。曺国(チョ・グク)前法相を巡るドタバタに、その本質が端的に表れたわけです。

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

 さすがに、そこまでは……。この部分でわれわれが注目すべきものがもうひとつあります。今、保守集団の中で世代交代が起きているということです。事実上、586政治エリートが新しい保守勢力になったのです。今、ハンギョレ新聞がやっていることは、以前、朝鮮日報がやっていたのと同じことじゃないですか。進歩的な市民団体がやっていることは、昔は右翼官弁団体がやっていましたし。あの人々(保守)に見ていたものを、今ではこの人々に見ているということは、保守集団の中で世代交代が起きたということを意味します。実際、彼らも過去に10年間、政権を握っていたじゃないですか。文在寅政権もすでに執権から3年が過ぎようとしています。そうして、彼らが新しい既得権層として社会に根を下ろしたのです。すでにしっかりと根を張り、腐敗が急速に進行しています。ということで、国民は新積弊と旧積弊のうち一方を選択するよう強要されることになったのです。

(参考記事:「韓国の未来に凄惨な結果」米から警告、苦悩する文在寅政

カン 最近、『世襲中産層社会』という本を書いたチョ・グィドン記者は、このように比喩しています。旧積弊勢力の象徴は60代以上の建物オーナーたちであり、新積弊勢力の象徴は50代初めから中盤の大企業の部長クラスだと。その部分を読んでみます。