言語文化財を通じて見た朝鮮の旧正月風習

【平壌1月24日発朝鮮中央通信】朝鮮人民が創造し、発展させてきた言語文化財には、民俗祝日を表す言葉もある。

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

旧正月に関する民俗語彙をもっても、それがよく分かる。

朝鮮で旧正月は陰暦で1月1日にあたる日である。

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

今年は、1月25日。

古書「東国歳時記」は、チャレ(茶禮)、セベ(歳拜)、セチャン(歳饌)、ソルビム(旧正月の晴れ着)、セジュ(歳酒)などの言語遺産を伝えている。

朝鮮人民は、旧正月の未明に祖先に旧正月のあいさつをし、この時、祭祀のお膳にトック(朝鮮風の雑煮)が必ず置かれるといって旧正月のチャレをトック・チャレとも言った。

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

セベは、父母と親戚の中で目上の人、そして村の大人を訪れて旧正月のあいさつをする風習で、目上の人を尊敬し、礼儀を大事にしてきた民族的伝統から生じた言葉である。

セチャンは、旧正月の料理を意味する語彙である。

朝鮮人民は、いろいろな料理をつくって家族、親戚と共に楽しく食べたし、近所の人々とも分けて食べた。

家庭ではこの日、朝早く起きて準備していた衣装を着替えて祝日の雰囲気を盛り上げたし、旧正月の服装をソルビムに、この日に飲む酒をセジュと呼んだ。

民族の言語文化財は、こんにちも朝鮮人民の生活に民族の香りを増している。---