高麗時代の王陵級の古墳を発掘、国宝遺跡に登録

【平壌7月21日発朝鮮中央通信】金日成総合大学歴史学部と朝鮮民族遺産保存社、松都師範大学の教師、研究者、学生が高麗時代の王陵級の古墳である温鞋陵に対する全面的な調査、発掘を行って国宝遺跡に登録した。

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

わが国初の統一国家であった高麗の首都開城にある松岳山の南のふもとに位置している温鞋陵は、高麗太祖王建の祖母である元昌王后の墓である。

温鞋陵は、高句麗時代から用いられ始めてその後、渤海、後期新羅、高麗の各時代にも引き続き伝統的に利用された朝鮮民族の中世の古墳形式である石室封土墳である。

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

陵の外部施設から十二支神を形象化した10の屏風石とその上に置かれた4の外装石、8の角石、10の欄干の柱石、9の欄干台石、3の獣の石像を発見した。

この過程に12角形につくった整然とした屏風石施設の角の部分が玄室の南側の中心に置かれたのを確認することで、墓が高麗初期に築造されたものであることを科学的に解明した。

古墳山の北と東、西の部分で墓を取り囲んでいる長さ24メートルに及ぶ墓を保護する垣(曲墻)施設を新たに発見し、形態と規模、構造を新しく解明し、この垣施設と平行に一回りの石を並べて置いた排水施設を発掘した。

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

玄室と古墳山の北の部分から鉄製の棺の輪、灰色の陶器、黒色の陶器、薄緑の磁器をはじめ、複数の遺物も出土した。

調査、発掘を通じて、古墳の規模や石材加工手法から見て陵が高麗封建国家が王族の「権威」を高めるために相当手間をかけた王陵級の古墳であることが実証された。---