祖国解放戦争参戦烈士墓に烈士らの遺骨を新たに安置

【平壌7月16日発朝鮮中央通信】祖国解放戦争(朝鮮戦争)勝利66周年に際して、共和国英雄であるヤン・パンギ、チョン・ギボンの両烈士の遺骨が祖国解放戦争参戦烈士墓に安置された。

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

義勇軍出身であるヤン・パンギ氏は、チュチェ40(1951)年4月、襲撃戦闘に参加して赫々たる戦果をあげて戦闘の勝利に大きく寄与した。

1951年6月29日、前線で戦う共和国英雄と模範戦闘員を最高司令部に呼びつけた金日成主席は、ヤン・パンギ氏の軍功を高く評価して同氏に機関短銃を授与した。

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

ヤン氏は、不世出の偉人たちの愛と信頼の中で祖国解放戦争勝利記念館の講師として一生を輝かした。

主席の懐で人民軍指揮官に成長したチョン・ギボン氏も過去の祖国解放戦争の時期、130余回の戦闘を巧みに指揮して戦争の勝利に寄与した。

16日、烈士たちの遺骨を安置する儀式が行われた。

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

ヤン・パンギ、チョン・ギボンの両烈士とすでに安置されたコ・デソク、キム・ラクホン、キム・スンナム、キム・イルブ(キム・サムソン)、キム・ウォンテ、リ・ジェチョル、リ・ウォンフプ、パク・ウンパル、ソン・ヘソン、ユン・ヨンウク、チョン・チャンギル、チャ・スンヘ、チェ・ソンナム、ハン・ゲチョン、ファン・ソクインの各烈士の墓に妻の遺骨が合葬された。

参列者は、烈士たちの墓に花束を献じ、彼らを追悼して黙とうした。---