変わらぬ金正恩氏、6人銃殺。理由は「電話帳を売ろうとしたから」

前出の情報筋は「電話帳を売り払おうとした犯人が平壌の住民だったことも、当局が厳罰を下した理由のひとつではないか」と言っている。

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

「平壌には、党・軍・政府の指導機関の幹部たちが集まっている。彼らが情報の漏洩元となった場合、国家が受けるダメージはより大きくなる。そのため『みせしめ』として銃殺し、規律がゆるむのを未然に防ごうとしたのだろう」(情報筋)

しかし北朝鮮の恐怖政治は、昨日きょう始められたものではなく、建国以来ずっと続けられてきたのだ。

(参考記事:【動画】金正恩氏、スッポン工場で「処刑前」の現地指導】

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

それにもかかわらず、国家に背いて情報を売り払おうとする人が続出するのだから、北朝鮮の体制は、そろそろ国民に対するグリップを失いかけているのかもしれない。