危機の金正恩、強制動員で「日照り戦闘」開始

言うまでもなく、干ばつは農業生産に大きな影響を与える。すでに北朝鮮国内からは、1990年代の大飢饉「苦難の行軍」を彷彿させるような現象が生まれていることが伝えられ始めている。

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

当局は、国際社会の目を気にしてこのところ控えていた公開処刑を再開した。「苦難の行軍」の時期にも、食い詰めた人々が窃盗などに走るのを抑制しようと、当局は公開処刑を数多く行った。

(参考記事:美女2人は「ある物」を盗み銃殺された…北朝鮮が公開処刑を再開

また、北朝鮮で売買春が拡大したのも当時のことだと言われる。そして今、制裁の影響で収入を得る道を閉ざされた人々が、性売買ビジネスに身を投じ始めているという。

(参考記事:コンドーム着用はゼロ…「売春」と「薬物」で破滅する北朝鮮の女性たち

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

当局が対策として立てたのは、強制動員だ。その実情を平安南道(ピョンアンナムド)のデイリーNK内部情報筋が伝えている。