金正恩の「公開処刑」を隠す文在寅の忖度

韓国紙・朝鮮日報(日本語版)の19日付の報道によれば、韓国政府は昨年4月の南北首脳会談以降、北朝鮮関連の情報を紹介するウェブサイトから北朝鮮当局による人権蹂躙の事例を大幅に削除したという。

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

同紙によれは、韓国統一省が運営する「北朝鮮情報ポータル」は、「公開処刑」や「政治犯収容所」など、北朝鮮当局による人権蹂躙の代表的事例に関する内容を全面削除。

(参考記事:機関銃でズタズタに…金正日氏に「口封じ」で殺された美人女優の悲劇

他の問題も含め、人権関連の記述は約4分の1に大幅に縮小した。

(参考記事:若い女性を「ニオイ拷問」で死なせる北朝鮮刑務所の実態

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

また、やはり同省が運営する「北朝鮮人権ポータル」は、昨年5月から更新が止まり、「事実上放置されている」という。