「労働新聞」 科学技術と教育は自力更生大進軍の牽引機

【平壌6月17日発朝鮮中央通信】17日付けの「労働新聞」は署名入りの論説で、科学技術と教育の発展を先行させるのは自力で経済建設で提起される問題を円滑に解決し、人民経済の全般を上昇軌道に確固と乗せるための最上の方途であると明らかにした。

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

また、自力で国家が絶えず繁栄していくようにする根本保証であると指摘した。

同紙は、自力更生は決して情勢の要求や前進途上に横たわった一時的な難関を克服するための戦術的な対応策ではなく、恒久的にとらえていかなければならない朝鮮の戦略的路線だとし、次のように強調した。

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

党の懐で自力更生の歴史を学び、育ったわれわれにとって、自力更生のほかにいかなる他の選択とはあり得ない。

わが共和国が持続的に前進し、発展するための保証は、科学技術と教育の発展を優先視するところにある。

われわれは、科学技術と教育を自力更生大進軍の牽引機に押し立てた朝鮮労働党の意図を銘記し、これに最優先的な力を入れることによって社会主義建設を力強く進ませるべきであろう。---