金才龍内閣総理が人民経済の複数の部門を視察

【平壌6月3日発朝鮮中央通信】朝鮮労働党中央委員会政治局委員で朝鮮国務委員会委員である金才龍内閣総理が、大安重機連合企業所と新院郡月堂協同農場をはじめ、人民経済の複数の部門を視察した。

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

金才龍内閣総理は、大安重機連合企業所の各所を見て回り、経済の手配と指揮を綿密に行い、労働者の技術・技能水準を絶えず高めるとともに、発電設備の部品加工を責任をもって行うことについて指摘した。

現地での協議会では、設備をフル稼働させて特注設備の生産を朝鮮労働党で定めた期間に、党が求める水準で無条件終えることに関する問題が討議された。

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

新院郡月堂協同農場で金才龍内閣総理は、分組管理制内での田圃担当責任制の実施に即して農場員に作業課題を正確に与え、その遂行状況に対する評価を実質的に行い、全ての営農作業を科学・技術的に行うことについて強調した。

一方、金才龍内閣総理は下聖車輪工場と国家情報化局を視察した。---