「銃弾ぜんぶを頭部に撃ち込んだ」金正日時代の公開処刑

何しろ金正恩時代に入ってからは、人体を跡形もなく吹き飛ばす大口径の4連高射銃が用いられているからだ。

(参考記事:「家族もろとも銃殺」「機関銃で粉々に」…残忍さを増す北朝鮮の粛清現場を衛星画像が確認

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

このようなやり方をするのは、国民に恐怖を植え付けるために他ならない。しかし実際のところ、1990年代の北朝鮮国民は飢餓を生き延びるので精いっぱいであり、体制に歯向かうどころではなかった。

そんなことにも気づかないほど、金正日氏は怯え切っていたということだろう。