中朝国境で脱北者支援の牧師が殺される…北朝鮮の仕業との見方も

韓国の複数メディアは1日、中朝国境地帯で長年にわたり脱北者を支援してきた中国人牧師が殺害されたと一斉に報じた。北朝鮮当局が関与した疑いが強くもたれ、韓国で大きな注目を集めている。

事件現場の対岸・北朝鮮の恵山市
      事件現場の対岸・北朝鮮の恵山市

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

殺害されたのは、吉林省長白県に住む中国朝鮮族のハン・チュンリョル牧師(49)。1993年から20年以上にわたり、鴨緑江をはさみ北朝鮮と向き合う同地の「長白教会」を率いてきた人物だ。

首を切り裂かれ

韓国紙の報道をまとめると、ハン牧師は4月30日午後2時頃、長白県内の知人に会いに出かけた後に連絡が途絶え、関係者が中国公安当局に通報するも同日午後8時ころ、郊外の山中で遺体となって発見された。