「米国と対決とか、どうでもいい」金正恩氏の暴走に北朝鮮国民はウンザリ

中には「今の政権にいる人(金正恩氏)は、祖父(金日成主席)、父(金正日総書記)よりも核とミサイルに執着している」と体制批判をする人すらいるとのことだ。

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

本来、権力への不満を公に語ったらどうなるかを、北朝鮮国民は過去の教訓からよく知っている。1990年代の大飢饉に際しては、食糧を求めただけの労働者たちが無残に戦車で轢き殺された。

(参考記事:抗議する労働者を戦車で轢殺…北朝鮮「黄海製鉄所の虐殺」

それにもかかわらず、無謀な核兵器開発に対する庶民の不満は日に日に強まっているもようだ。