北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

そのため人糞には値段が付き、商品として市場で取引される。人糞を巡ってブローカーが暗躍、さらにはワイロまでが飛び交う世にも奇妙な光景が現出するのだ。

(関連記事:冬の北朝鮮で暗躍する「人糞ブローカー」登場

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

ただでさえ大変な堆肥戦闘だが、来年はさらに熾烈なものになりそうだ。経済制裁による外貨不足に加え、北朝鮮当局が、窒素肥料の生産、輸入を禁止したからだ。窒素肥料の原料である硝安(硝酸アンモニウム)に、軽油を混ぜれば爆発物ができる。

金正恩党委員長は、自らを狙う「斬首作戦」に使われるのを恐れているのだろう。