「米の行動見守る」金正恩氏が腰砕けか…ミサイル発射を保留

もちろん、金正恩氏がミサイル発射を保留したからといって米朝対立が収束したわけではなく、また北朝鮮が敗北したわけでもない。しかし、この間に激化していた米国のトランプ大統領との舌戦からは一歩引いた形と言える。

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

実は、2015年8月にも北朝鮮と韓国の間で同じような事態が起きていた。軍事境界線の非武装地帯で北側が仕掛けた地雷が爆発したことをきっかけに、深刻な南北対立が勃発した。すると、当時の朴槿恵政権は、韓国軍兵士の身体が吹き飛ばされた瞬間の映像を公開した。これにより、韓国世論は朴大統領の強硬姿勢を後押しし、北朝鮮を事実上の謝罪に追い込んだ。

(参考記事:【動画】吹き飛ぶ韓国軍兵士…北朝鮮の地雷が爆発する瞬間

謝罪に追い込まれた金正恩氏に追い打ちをかけるように、米韓軍は北朝鮮の首脳部、すなわち金正恩氏に対する先制攻撃を意味する「斬首作戦」を導入した。