金正恩氏「屈辱の夏」から始まった東アジアの危機

しかし、ことはそう単純ではなかった。危機回避の南北合意は、双方が五分五分の関係で到達した結果ではなかったのだ。爆発シーンの衝撃的な動画を見て「やるなら、やってやろうじゃないか」と盛り上がった世論を背景とした韓国政府が、強硬姿勢で北朝鮮を屈服させ、謝罪に追い込んだのである。

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

金正恩党委員長が、大きな屈辱を味わったであろうことは想像に難くない。「核戦力さえ整っていれば」と悔しがったのではないか。実際、北朝鮮側は早くも9月には「謝罪などしていない」と言い始め、合意に含まれていた南北交流の拡大に暗雲が垂れ込めるのである。

(参考記事:北朝鮮、韓国の「謝罪」説明を全面否定…地雷爆発事件

朝日は続けて、次のように解説している。