「妄想と嘘をかき集めている」マレーシア外相、北朝鮮を激しく非難

マレーシアのアマン外相が20日、北朝鮮の金正恩党委員長の異母兄・金正男(キム・ジョンナム)氏殺害事件に関連して声明を発表。同国駐在のカン・チョル北朝鮮大使が「マレーシアの捜査は信じられない」などと発言したことに対して、「我が国に対する侮辱だ」と強く非難した。マレーシアの英字紙、ザ・スターが報じた。

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

アマン外相は、カン大使が「捜査の背後に誰かがいる」「マレーシア警察の捜査は死因の究明ではなく、政治的目的に基づくものだ」などと発言したことに対し、「妄想と嘘、半分の真実(半ば嘘)をかき集めたもの」とし、異例の強い表現で非難した。

「文明国」強調

また、マレーシア警察は法律に基づき公平に捜査を行っていると反論した上で、「外国政府とマレーシアが結託している」と述べたカン大使の発言に対して「マレーシアを深く侮辱している」と強い口調で抗議した。