金正恩氏のお出掛けを減少させた「トイレ問題と生命の危機」

この見方を裏付けるように、韓国の国家情報院(国情院)は、「金正恩党委員長は、身辺に危険が及ぶのではないかという不安感から、行事の日程や場所を急に変更したり、爆発物、毒物探知装置を海外から取り寄せて警護を大幅に強化したりしている」と分析した。

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

さらに「お出かけ」減少の意外な理由として挙げられるのが、金正恩氏のプライベートにかかわる問題だ。

一見、独裁者でやりたい放題と見られがちな正恩氏。しかし最高指導者ゆえに、生活上、不便さを強いられることも多い。その端的な例が「トイレ」。現地指導の際、一般のトイレを使用できないために、専用車のベンツに「代用品」を載せて移動しているという。

(参考記事:金正恩氏が一般人と同じトイレを使えない訳

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

一般庶民の無言の反発と米韓による斬首作戦。