金正恩氏が激怒した北朝鮮庶民のジョークとは?

このジョークは、10年以上前から使われてきた。金日成時代から、北朝鮮当局は国際的に複雑な問題が起きる度に、無条件に「アメリカのせいで起こった事態」と主張してきた。こうしたことから、何か問題が起きた時、誰もがわかる原因に対して、とんでもない理屈をこじつけて強弁を張る中央の姿勢を「これは全てアメリカのせいだ」と揶揄する。

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

もう一つは、確かに金正恩氏が耳に入れたら激怒するだろう。そのジョークとは「外の見物もできないバカ」。

処刑直前の動画を公開

「外の見物もできないバカ」という言葉は、昨年、金正恩氏が中国とロシアの戦勝節行事に出席できず、これにショックを受けた幹部らの間で、平壌を中心に広まった。就任以来、外国訪問もせず、首脳会談すら一度もしていない金正恩氏を揶揄したジョークだ。