トイレがあり得ない「金正恩住宅」を押し付けられる北朝鮮の被災者

「出身成分」とは、「親の職業は何であるか」「過去、身内に反体制分子はいなかったか」など、出自や家庭環境をもとに国民を上から「核心階層」「動揺階層」「敵対階層」の3階層に分け、それをさらに50前後のカテゴリーに細分化したものだ。2012年に改正された憲法では「公民は国家社会生活のあらゆる分野で誰でも等しく権利を持つ」(65条)と規定している。しかし、当局は「成分調査事業」で、個人の出身成分、社会成分を定め、教育、職業、結婚などで差別的な扱いを行っている。

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

中でも「敵対階層」は「この世の地獄」と称される政治犯収容所に送られるなど粛清のターゲットになっている。

(参考記事:北朝鮮、拘禁施設の過酷な実態…「女性収監者は裸で調査」「性暴行」「強制堕胎」も

あり得ないトイレ事情

そして今回、北朝鮮当局は出身成分が良い被災者に優先的に住宅を割り当てているのだ。