北朝鮮の中年夫婦が「タコ殴り」にされた悲しい事情

北朝鮮の農民は、協同農場の収穫物を横領し、市場に売ることで現金収入を得てきた。本来、収穫物は国に収め、一定量を分配してもらう形となっていたが、これがうまく機能せず食べていけないために、そうするしかないのだ。

当局は度々、警告を発して取り締まりを強化していたが、そんな中で悲しい事件が起きてしまった。平安南道(ピョンアンナムド)のデイリーNK内部情報筋が伝えた。
(参考記事:「カエルも食べない水草」で飢えをしのぐ北朝鮮の農民たち

首都・平壌郊外の平城(ピョンソン)市の雲興里(ウヌンリ)の協同農場で働いている40代のキムさん夫婦は、今月初めのある日、仕事を終えて午後9時ごろに農場を出た。あぜ道には落ち穂がたくさん転がっていた。

一般的に北朝鮮の農場には、そもそもトラックが少なく、あったとしても燃料が足りずに使えないため、農民は収穫した稲を束にして背負って運ぶ。その過程で、米粒がポロポロ落ちるのだが、夫婦はそんな落ち穂を拾っていた。

そこにやって来たのは農場の警備員だ。「まだ収穫が終わっていないのに、なぜ落ち穂拾いをするのか」と詰問されたキムさんは「収穫が終わっていない田んぼに入りさえしなければいいのではないか、農民の私がなぜ稲を盗むのか」と反論し、口論へと発展した。

徐々に双方のボルテージが上がり、警備員が複数集まってきて、キムさんに暴行をふるい始めた。横で黙ってみていたキムさんの妻も暴行された。ほうほうの体で逃げ出したキムさん夫婦は、歩けないと言って家で寝込んでしまったという。

なぜこんなことが起きたのか。

まず、落ち穂拾いは「公式」にも行われることが理由として挙げられるだろう。農場は、収穫が終わった後に、農民と都会から来た支援者を集めて2〜3回、道で落ち穂拾いをして、米粒を一つ残らず拾い集める。

そのため、個人的に落ち穂拾いをすることは許されておらず、情報筋によると、先月にも帰宅途中に落ち穂拾いをしていた農民が糾察隊(取り締まり班)に捕まり、2時間にわたって身柄を拘束された上に、2時間かけて拾い集めた落ち穂をすべて没収されたとのことだ。
(参考記事:北朝鮮「骨と皮だけの女性兵士」が走った禁断の行為

また、農民が収穫後の穀物に手を出す以外にも、腹をすかせた朝鮮人民軍(北朝鮮軍)の兵士が農場や農家を襲撃して、穀物を強奪する事件が度々起きていることもあり、警備員は相当苛立っていたのだろう。
(参考記事:「飢えた兵士が農家を襲撃」窃盗も倍増、混乱が深まる北朝鮮

「こんな暴行事件は去年までなかった」と述べた情報筋は、「田畑にある作物を盗んだわけでもなく、食べていくために道に落ちていたものをひろっただけなのに、それであんなに殴られなければならないのか」と、夫婦への同情を示した。


NKRへようこそ

広告の表示をお願いいたします。

NKNをご覧いただきありがとうございます。


皆様に広告を表示していただくことで、

無料でニュースを提供しています。


アドブロック機能を解除いただき、

以下のリフレッシュボタンから

表示のご協力をお願いいたします。

 

リフレッシュ