北朝鮮の半グレ集団「松葉杖組」とは?

咸鏡北道の別の内部情報筋によると、金日成時代には軍勤務中に事故で怪我をした傷痍軍人たちに対して、様々な優遇策が与えられていたが、金正日時代に入ってから、冷や飯を食わされるようになってしまった。

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

国家の財政が悪化するなか、大規模建設の増加で傷痍軍人の数が急増。さらに、90年代の大飢饉「苦難の行軍」によって国が彼らの面倒を見る余裕がなくなった。その結果、彼らは社会的に疎外される存在に落ちぶれてしまったのだ。

とはいえ、傷痍軍人たちの社会的地位の高さだけは残っているため、厄介な存在になっている。